スマトラ避暑地 ブラスタギ

lake-toba-1894746__340.jpg

ブログ引っ越ししました、よろしければこちらへ https://bagusjepang.com

皆様こんにちは


今日はスマトラの軽井沢?、ブラスタギのお話です。


といっても何日か滞在したのは随分と前、結婚した当時で、通常は通りがかる、という程度なんですが。


ブラスタギはメダンから北におよそ70km。標高1400mの高地にありまして、メダンやその周辺から涼を求めてやってくるインドネシア人で賑わう避暑地です。

その昔、インドネシアが独立する前に、オランダ人がここを避暑地として使った場所だそうです。


今では遊園地併設の大きなホテルもあり随分と様変わりしていまして、昔と比べると大分変りました。

温泉も湧き出ているので入れる施設もあるそうなんですがnanasはまだ未経験です。

街中はお土産屋やワルン、果物を売る商店などが並び、とても賑やか、安宿もあるようですし、結構お高いホテルも少々あります。


メダンから車でブラスタギに向かっていく道中は、日本でいう峠。だんだんと気温が下がってくるのが肌で分かります。papikoの実家に向かう時には必ず通る道なんです。

夜間に通ると寒さで震えますよ・・ここはインドネシアなの?と疑うほどです。

このブラスタギ周辺にはカロ族、バタック族の方達が多く暮らしていまして、特徴的な家屋が今も所々に並んでいます。この方たちの中にはカトリック系の方が多いそうで、ブラスタギ周辺には教会か非常に多いんです。

インドネシアらしからぬ風景で、何となく親近感まで湧いてくるんですよね~、しかも犬を飼っている人も多い!時々野良犬が歩いている事もあります。



ブラスタギのあるカロ県にはシナブン山という山がそびえていまして、つい最近も噴火して、被害が出ています。また、有名な世界最大のカルデラ湖、トバ湖を一望できる高地でして、ワルンでお茶を飲みながら素晴らしい光景を見る事も出来る場所なんです。

ちなみにトバ湖は長さが100km、幅30kmという物凄く大きな湖で、まるで海のようです。7万年前に大噴火して人類を絶滅させる寸前までいったというトバ山の噴火跡。



街中を行き来する人達は長袖を着ている人が多いですので、やっぱり寒いんですよね、nanasの感覚では多分18度位かな~と・・・やっぱり避暑地ですよ。





若かりし頃にここに訪れたnanasとpapiko、新婚当時でしたから楽しかったですね~。

お土産を見たり馬に乗ったり・・・


そう

馬が沢山いるんです、ブラスタギには。


観光客用に乗馬体験も可能で、nanasは人生初の乗馬をここでしたんです。( ^ω^ )


そういえば・・・


papikoは


怖くて乗れなかったんだーーー


nanasは初めて馬に乗ったので最初は怖かったんですが、たずなを引いてくれてたお兄さんが途中からいなくなってしまい、仕方なく自分一人で馬に乗って散歩してました。

試しにちょっと馬のお腹の辺を足で軽く叩いてみたら走り出しまして、これがまた気持ちよかったので、颯爽と走りましたよ~


papikoはそれをみてオロオロしてました・・・



泊まったのはコテージ?のような場所で、部屋からの景色は悪くなかっんですが、部屋中にトイレの匂いが充満していまして、さらにシャワーは水でチョロチョロ・・・

激寒なのにチョロチョロの水を浴びなければいけなかったという悲しい思い出があります



きっと今では色んな部分で発展しているでしょうから、このようなコテージは無くなっている事と思います・・・(希望的観測です)


メダンからブラスタギまではツーリストバスの利用がお勧めです、所要時間2時間程で、料金は¥1000行かない位です。

ローカルなバスでしたらもっとお安く行く事も出来ますよ。


ディープな観光地ですので中々楽しめるかと思います、今ではネットでホテルの予約も可能!

便利になりましたね~


それではまた~


この記事へのコメント

クラウドソーシング「ランサーズ」