バリ島 ニュピ

stars-1245902_960_720.jpg

ブログ引っ越ししました、よろしければこちらへ https://bagusjepang.com

こんにちは

昨夜は大雨が降って雷が凄かったです。一瞬停電もしたのでちょっとびっくりしました。

私が幼い頃から停電ってめったに経験した事がないこの地域、珍しいです。


停電といえばインドネシアですね~、しょっちゅう停電します。

なんの予告もなくバチン!と消えます。別段天気が悪いわけでもなんでもないんですが、ほんと、頻繁に停電します。

最低でも1~2時間、長いと半日とか一日中、っていう事もありました。

何が困る、って勿論インターネットが使えなくなる事、扇風機が止まってしまう事、それに井戸から水をポンプでくみ上げているので、ポンプの電気が停められると水も使えなくなってしまいます。

夜になっても真っ暗闇、扇風機の風がないと蚊がやってきて刺されまくりますよ。

テレビも見れないのでボーっとして過ごすんですが、こんな時には星空がとっても綺麗にみえたりして、これも良いかもな~なんて思います。
日本にいると中々電気のありがたみを感じる事は出来ませんし、停電してくれることでの気づきがありますね。

感謝の気持ちが湧いてきます。


停電話題のついでに思い出したんですが、


バリ島にはわざわざ丸24時間電気を一切使用出来ない、という日が一年に一度ありまして、ニュピ、と言います。

ヒンズー教徒が殆どを占めるバリ島の人々が、独自の暦に基づいて行われる行事でして、この日は瞑想や断食をして神に祈り、静寂の日とされます。

バリ島の空港、港、は封鎖され、一切の外出も禁止されます。バリの人々は勿論、外国人観光客にもニュピのしきたりに沿う事が求められますので、一切外に出る事が出来ない日となるのです。

電気や火の使用、騒がしくする事も禁止ですから、ひたすら静かに一日を過ごします。

観光客用のホテルなんかでは、最低限の電気は使用出来るようですが、基本、静かにしなければいけません。

nanasは5年程バリ島におりましたので、5回、このニュピを経験してます。

この日が嫌で、海外に行ったりホテルで過ごす日本人在住者も多かったんですが、nanasはニュピが大好きでした。何にも出来ない、という状態、これが好きだったんです。

静寂の中で聴こえてくる鳥や虫の声とか、風の音とか、ふだんは感じる事の出来ない物を感じ、夜にはこの世の物とは思えない程の美しい満天の星空を見る事が出来るんですから

バリ島中が真っ暗ですから、ほーんとうに良く星を見れて、星雲までもはっきりと見れます。わざわざこの日を選んでバリに来る観光客の方もいるみたいですよ。

夜間はロウソクを数本立てて、その光が外部に漏れない様に気を付けながら過ごします。食事は前の日に買っておいたパンなんかを食べてました。

子供達には退屈な日ですから、そーっとビデオを見せてましたけど。

もし機会があれば是非、この日を挟んだバリ島旅行、してみて下さい

nanasイチ押しです




この記事へのコメント

クラウドソーシング「ランサーズ」